軽費老人ホーム情報を掲載

介護のことなら介護.net
介護.net老人ホーム情報老人ホームの種類>軽費老人ホーム

軽費老人ホームについて

軽費老人ホームとは老人福祉法に基づいて、無料または低額な料金で高齢者を入所させ、給食・入浴などのサービスを提供する施設のことです。利用の方法は、入所者と経営者との契約によって行われます。軽費老人ホーム施設の設置主体は地方公共団体および社会福祉法人です 。

スポンサードリンク
軽費老人ホーム

軽費老人ホームの特徴

低額な料金で、家庭環境、住宅事情等の理由により 居宅において生活することが困難な者 を入所させ、日常生活上必要な便宜を供与する施設です。

入居は施設と入居者が直接契約しますので、入居希望の方は施設の方にご相談ください。

軽費老人ホームはa型とb型に分けられ、a型は給食サービスを利用し、b型はケアハウスにおいて自炊を行います。

 

軽費老人ホーム入居者条件

軽費老人ホームは家庭の状況などにより、自宅での生活が困難な60歳以上の方を対象とした施設です。夫婦の場合は、どちらかが60歳以上であれば入所できます。
※生活費に充てられる所得等が、利用料の2倍以下の低所得の方に限定されています。

 

軽費老人ホームの利用にかかる費用

生活費と事務費を合わせた額が負担費用です。

生活費(食事、光熱費など)は全額自己負担、事務費(人件費等)は入所者の収入に応じて費用を負担することになります。
■給食サービスを利用する軽費老人ホームA型の場合、5万円から15万(収入により変動)
■自炊する軽費老人ホームB型(ケアハウス)の場合、家賃(5千円程度)と生活費

 

>>老人ホームの検索と資料請求

スポンサードリンク
老人ホーム情報

老人ホーム情報

|-老人ホームの種類について
  |-特別養護老人ホーム
  |-養護老人ホーム
  |-軽費老人ホーム
  |-有料老人ホーム

|-有料老人ホームの選び方
 |-入居者の現状を把握する
 |-有料老人ホームに求めるサービス
 |-有料老人ホームを把握する
 |-入居までの流れ

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。