介護疲れの防ぎ方

介護のことなら介護.net
介護.net介護の基礎知識>介護疲れを防ぐ方法

疲れない介護を実践する

毎日、介護を同じ人が担当していては、介護疲れを引起して、介護者が病気になってしまいます。疲れない介護とは、一人に集中するのではなく、皆が少しずつ介護を負担するから疲れない介護なのです。

 

スポンサードリンク
介護疲れを防ぐ方法

皆が少しずつ負担し、リフレッシュ

介護の役割を少しずつ家族で負担するのが長続きさせるコツです。

要介護者の妻がメインの介護者の場合、週末は他の家族が介護を行い、友人との食事、お稽古ごとなどのリフレッシュできる時間を作ってあげましょう。週末だけでもメイン介護者の日々の苦労がわかり、ますますチームワークのよい介護ができるようになります。

 

介護を担当しているは家族をたよりましょう

家族に介護を頼むことは、介護者として力不足ではありません。できないときや、手伝いを申し出てもらった時は素直にお願いしましょう。体と心が健康だから介護を続けれるのです。

スポンサードリンク
介護の基礎知識

介護する際の気持ち
家族全員で介護に取り組む
要介護者との会話
高齢者の意欲と能力を引き出す介護
周囲の手助けで介護は続けられる
専門家の助けを借りる
介護者の健康維持

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。