終末期の看取り方

介護のことなら介護.net
介護.net終末期の看取り方>終末期をどこで迎えるか

終末期について

高齢者にとって、最後を迎えるのは病院か自宅かは重要な問題です。介護.netでは特に自宅で終末期を看取る場合の条件、終末ケアの目的などを掲載しています。在宅か病院かは、本人の気持ちを尊重しながら家族は判断してあげるのがよいでしょう。

スポンサードリンク
終末期

終末期の看護

家族は高齢者の死が近い場合、病院で死を迎えるか、在宅で死を迎えるかを決める必要があります。高齢者本人の意思を尊重しながら、入院しつづけるのが効果的なのか医師に相談しながら決めましょう。

家族は本人の苦しんでいる姿や少しでも長く生きて欲しいという願いから、病院を選択する場合が多いでしょう。しかし、高齢者本人は自宅で家族に見守られ最後を迎えたいと思っているかもしれません。

 

在宅で終末期を迎えるために必要なこと

高齢者に在宅で終末期を迎えさせてあげることは、病院よりも家族は大変です。しかし、在宅で終末期を迎える場合、最も大事なのは本人とその家族の意思です。高齢者本人は家族に遠慮している場合もありますので、本当の気持ちを確かめてあげる必要があります。

医師との連携は必要です。24時間往診してくれる医師が必要になると思います。

介護する家族も交代できるように準備が必要です。ホームヘルパーの方でもよいので人手の確保が必要です。

 

終末ケアの目的

終末期はお年寄りが人生に満足し、感謝の気持ちをもって死を迎えることをサポートすることにあります。

植物状態や寝たきりを避けるケアをし、 人間としての最後、つまり心理的・社会的な死に対しては安らかな心の状態で死を迎えれるようにしなければなりません。

「迷惑をかけたくない、私の役割はない」などとマイナスな気持ちではなく、「十分に生き抜いた」と満足な気持ちで死を受け入れてもらえるように看護してあげたいものです。

介護する家族は「自分たちはできるかぎりのことをしてあげた」と思えるようにつとめ、その努力が高齢者に伝わることで、満足した気持ちで死をむかえられることでしょう。

スポンサードリンク
終末期の看取り方

終末期をどこで迎えるか
終末期を安らかに迎えるために
終末期を迎えた高齢者との接し方
臨終の兆候と介護

 

介護.net

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。