介護、終末期の看取り方

介護のことなら介護.net
介護.net終末期の看取り方>終末期を迎えた高齢者との接し方

終末期について

死期を迎えたお年寄りの気持ちの理解、老人の精神的苦痛の取り除きかたを紹介しています。高齢者の心残りを解消してあげることが大切です。また、介護者自身も「死」を看取ることを覚悟する必要があります。

終末期を迎えた高齢者との接し方

終末期、高齢者の心の変化

自分が助からないと判断されたとき、まずその診断が間違っていると高齢者も否定するはずです。
次に、死を受け入れられずに、一時的に怒りを周囲にぶつけることがあります。
その後、助からないことや怒ってもしかたのないことに気づき「死ぬ前に、孫にあいたい」などと妥協します
妥協のあとは絶望感を感じ、抑うつ状態になりやすく、その後、死を受け入れます。

 

終末期のお年寄りとの接し方

終末期を迎えた高齢者は、十分にケアしてもらえないと、すぐに孤独を感じる傾向があります。その精神的な孤立は苦痛を強める原因となります。孤独や孤立を感じさせない十分な心のケアが必要となります。

 

高齢者の心残りをなくしてあげましょう

終末期の高齢者は精神的苦痛と肉体的な苦痛と戦っています。そのため、介護してくれるまわりの家族にわがままを言うことがあります。できるだけ耳を傾け、応えてあげるようにしたいものです。会いたがっている人がいたら知らせてあげるとよいでしょう。

 

介護者が死を覚悟する

介護者が死と向き合っていなければ十分な終末ケアはできません。死を覚悟し、高齢者に共感してあげることが必要です。家族との思い出話、本人の人生がどれだけすばらしかったか、死んだら寂しいということなどを話してあげるとよいと思います。

 

終末期の看取り方

終末期をどこで迎えるか
終末期を安らかに迎えるために
終末期を迎えた高齢者との接し方
臨終の兆候と介護

 

介護.net

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2013 介護.net All rights reserved. 介護.netリンク

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。