高齢者を駄目にする介護を紹介

介護のことなら介護.net
介護.net寝たきりにさせない介護>世話のしすぎは駄目にする

高齢者を駄目にする介護とは

高齢者は動くことをやめる急速に機能は低下します。介護者が過剰な介護を行って、高齢者本人のできることまで代わりに介護者が行うと、高齢者の現在の能力もなくなります。このページでは高齢者を駄目にする介護を紹介しています。

スポンサードリンク

高齢者を駄目にする介護

高齢者の体

若い人でも、入院生活が長くなると運動能力が低下するように、高齢者も動くことをやめると運動能力は低下します。高齢者の場合はその低下スピードが速く、さらに回復能力が低いため失われた運動能力の回復は困難です。
例えば、毎日の散歩によって維持されていた運動能力も、夏場や冬場に外の気候を理由に散歩をやめていると、歩く力が急激に下がり歩行困難につながることさえあります。

 

高齢者を駄目にする介護の紹介

介護の目的は現在の力を維持または失われた能力の回復にあります。しかし、高齢者だという理由で、過保護になりすぎて、お年寄りの能力を奪ってしまう駄目にする介護があるのも事実です。
例として、高齢者の排泄作業において、トイレからポータブルトイレ、そしてオムツというステップです。歩ける高齢者の負担を減らすという介護者の親切心からポータブルトイレを使用させたかもしれませんが、結果的に歩行の機会を奪い、能力の低下を招いたことになります。同様に、オムツの方が楽だという理由で使ってしまい、結果的には寝たきりを招く恐れがあります。

スポンサードリンク
寝たきりにさせない介護


高齢者の肉体的変化
高齢者の心理と性格
寝たきりになる原因
世話のやきすぎは逆効果
寝たきりが廃用症候群をまねく
食事、運動、休養と早期受診
お年寄りを外に連れ出す
寝たきりを防ぐ生活法
早めに寝床から離れさせる
病気と安静の目安

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。