介護、高齢者の心

介護のことなら介護.net
介護.net寝たきりにさせない介護>高齢者の心理と性格

高齢者の心

高齢者は体の変化と共に、性格の変化もみせます。その心の変化は歓迎されるものだけではありません。猜疑心が強くなったり、わがままになったりと変化していきます。一方で、老いを自覚して魅力的な老人になる方もいらっしゃいます。老人の性格に変化をもたらす要因について掲載していきます。

スポンサードリンク

高齢者の心

性格を変える

身体の衰えは老人から自身ややる気を失わせるだろうと想像できると思います。このように、老人の性格に変化を与えるものについて考えていきます。

 

身体

身体的な低下、運動能力の低下、視力・聴力の低下、意欲や気力の低下は高齢者にとって老いを自覚するものです。老いのストレスは大きく老人の性格を変える要因になります。

 

精神

以前のこと、現在のことなどを正しく記憶する力が低下すると、失敗を恐れ会話をしなくなったり、好奇心をもって取り組めなくなることがあります。老人がふさぎこむ理由の一つに自分の記憶能力の低下を意識している場合があります。

 

社会環境

退職、家庭内の役割交替、子どもの独立、配偶者や友人との死別、周囲の老人扱いなどは、自分の家庭内での存在意義を見失うことにつながります。

スポンサードリンク
寝たきりにさせない介護


高齢者の肉体的変化
高齢者の心理と性格
寝たきりになる原因
世話のやきすぎは逆効果
寝たきりが廃用症候群をまねく
食事、運動、休養と早期受診
お年寄りを外に連れ出す
寝たきりを防ぐ生活法
早めに寝床から離れさせる
病気と安静の目安

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。