高齢者のために成年後見制度

介護のことなら介護.net
介護.net認知症介護>成年後見制度

成年後見制度とは

認知症のお年寄りは判断力や思考力が低下しているため、悪質な契約や詐欺行為事件にまきこまれる可能性があります。そのようなトラブルに対処するために、成年後見制度があります。認知症の家族を抱えている方に読んでおいて欲しい内容です。

スポンサードリンク
成年後見制度とは

成年後見制度

成年後見制度は、判断能力の不十分な人の財産管理や身上監護に関する法律行為をサポートしてくれる制度です。認知症、知的障害者、 精神障害 などの理由で 判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する 契約 を結んだり、 遺産分割協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

認知症のお年寄りがこの制度を利用するには、医師による鑑定書が必要です。 法定後見制度 においては、 家庭裁判所によって選ばれた 成年後見人が、本人の利益を考えながら、本人を代理して 契約 をしたり、本人が自分で 法律行為をするときに同意を与えたり、本人が同意を得ないでした不利益な 法律行為 を後から取り消したりすることによって本人を支援します。

成年後見人は一般的には家族が選ばれますが、身寄りのないお年寄りの場合は、市区町村が法定後見人になることも認められています。

 

任意後見契約をご存知ですか

認知症だが現在は認識力がある方が、将来の後見人になってもらいたいかたを、任意後見人としてあらかじめ選んでおくことができる制度です。公証役場にて任意後見契約を結んでおく必要があります。

 

スポンサードリンク
認知症介護

認知症と物忘れの違い
認知症の初期症状
認知症の進行の仕方
認知症の進行がすすむと起こること
認知症の原因と特徴
認知症は何科を受診すればいいか
受診に必要な検査と問診
認知症は脳で画像でわかる
認知症の引き起こす原因
認知症を引き起こす病気
認知症の進行を防ぐ治療
認知症の予防
認知症に使用される薬
薬を使わない治療法
接し方と心構え
介護者の健康管理
成年後見制度
グループホームを利用する
認知症は本人がもっとも混乱している
認知症徘徊への対応
幻覚症状を否定してはいけない
失禁した場合は羞恥心に気を配る

 

介護.net

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。