介護する際の事故を未然に防ぐ工夫について掲載

介護のことなら介護.net
介護.net事故、けが、急病の応急手当事故を防ぐ住まいの工夫>事故を防ぐ階段の工夫

事故を防ぐ階段の工夫について

階段は足をすべらせて転落や転倒を起こすことが多い場所です。階段で事故を起こさないように、手すりや滑り止めなどの配慮をした住まいの工夫について掲載しています。

スポンサードリンク
階段の工夫

階段の工夫について

階段は高齢者にとって大変危険な場所です。若い人には苦にならない段の高さや、勾配なども高齢者には危険です。

階段での工夫例

高齢者は階段ではバランスを崩し転倒する危険性があります。そこで、手すりをつけること、すべり止めをつけることをおすすめいたします。段鼻は足を打つことが多いので環境を優先する場合は外したほうがよいでしょう。

また、足元を照らすことができるように、足元に照明をつけることも工夫の一つです。

階段をリフォームする場合には、階段の段の高さを低くし、階段の踏み面を広くとり、階段の勾配45度以下にすることをおすすめいたします。

 

廊下での工夫

廊下や玄関での工夫は、敷物を置かないことです。敷物を置く場合は下に滑り止めをしっかりつけることです。

スポンサードリンク
事故、ケガ、急病の応急手当
事故を防ぐ住まいの工夫
寝室の工夫
階段の工夫
浴室の工夫
トイレの工夫

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。