介護する際の事故を未然に防ぐトイレの工夫

介護のことなら介護.net
介護.net事故、けが、急病の応急手当事故を防ぐ住まいの工夫>事故を防ぐトイレの工夫

事故を防ぐトイレの工夫について

介護におけるトイレの改装は欠かせません。手すりをつけたり、洋式トイレに変えるなどの工夫を紹介しています。リフォームの際に参考にしてください。

スポンサードリンク
トイレの工夫

トイレについて

高齢者ができる限り自分で排泄できるように、介護者である家族はトイレの環境についても整えてあげたいものです。高齢者の場合、足腰が弱く、和式トイレの利用は難しい。また、立ったり、座ったりする作業も大変なのです。

 

トイレでの工夫例

高齢者がベンザに座りやすいように、両サイドに手すりをつけます。また、センサーで自動で便座の蓋が開くものや、ボタン一つで流すタイプのものがあります。

また、緊急時に家族を呼べるように、トイレの中にインターフォンをつけておくと安心です。

滑りやすいマットなどは利用しない方が、転倒などのアクシデントを未然に防ぐことができます。

 

ドアのぶとドアの工夫

ドアのぶは、引き戸の場合は取っ手タイプを使い、ドアが外開きの場合はレバーハンドルを使うとよいでしょう。高齢者は指の力が弱くなり、のぶを握るのが難しくなります。

スポンサードリンク
事故、ケガ、急病の応急手当
事故を防ぐ住まいの工夫
寝室の工夫
階段の工夫
浴室の工夫
トイレの工夫

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。