介護する際の事故を未然に防ぐ工夫について掲載

介護のことなら介護.net
介護.net事故、けが、急病の応急手当>事故を防ぐ住まいの工夫

事故を防ぐ住まいの工夫について

高齢者の事故の原因のほとんどは転落と転倒です。このページでは家庭内の転落や転倒が起こりやすい、浴室、階段、トイレ、寝室などで事故を未然に防ぐための工夫を紹介しています。事故を未然に防ぐことは寝たきりの予防にもつながります。

スポンサードリンク
事故を防ぐ住まいの工夫

高齢者の転落・転倒について

高齢者は体が思うように動かず、若い人には何でもないようなことが大きな事故につながることがよくあります。高齢者の事故の大部分を転落と転倒が占め、重大なケガをおったり、死亡する場合もあります。
回復力が弱い高齢者には、転落や転倒事故が寝たきりの原因になることもあります。このページでは家庭内で起こる転落・転倒事故の原因をチェックして、家族が高齢者の事故を未然に防ぐ住まいの工夫を紹介しています。

 

寝室の工夫

高齢者が寝起きする寝室の工夫の仕方を掲載しています。寝室の安全への配慮と環境の整え方について掲載しています。

 

階段の工夫

階段は足をすべらせて転落や転倒を起こすことが多い場所です。階段で事故を起こさないように配慮した住まいの工夫について掲載しています。

 

浴室の工夫

浴室や洗面所などの水まわりは、ぬれた床で足を滑らせてしまうことが多く注意が必要です。浴槽やタイルで頭を打ち大けがにつながりやすい場所です。浴室、洗面上、脱衣所における生活環境の工夫について掲載しています。

 

トイレの工夫

介護におけるトイレの改装は欠かせません。手すりをつけたり、洋式トイレに変えるなどの工夫を紹介しています。リフォームの際に参考にしてください。

 

スポンサードリンク
事故、ケガ、急病の応急手当
事故を防ぐ住まいの工夫
寝室の工夫
階段の工夫
浴室の工夫
トイレの工夫

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 終活 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2018 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。