呼吸がないの応急手当について掲載

介護のことなら介護.net
介護.net事故、けが、急病の応急手当>呼吸がないときの応急手当

呼吸がない場合の応急手当

呼吸がない場合の人工マッサージの方法について掲載しています。呼吸が停止すると脳に障害がおこったり、心停止してしまいます。呼吸が停止している場合はすぐに応急処置が必要になります。いざというときのために人工マッサージを覚えておきましょう。

スポンサードリンク
呼吸がない場合の対処法、人工マッサージ

呼吸が停止した場合

呼吸が停止すると血流が悪くなり、脳に障害が起こります。その後、心停止して死に至ってしまいます。そのため、呼吸が停止してしまうと、すぐに応急処置が必要となります。応急処置として人工マッサージがあります。

人工マッサージの方法

一、下顎をもちあげ、気道を確保します。人差し指と親指で患者の鼻をつまみます。

二、口の周囲から息がもれないように注意しながら、ゆっくりと2秒ほどの時間をかけて息をふきこみます。この時、患者の胸が軽くふくらむ程度に息を吹き込んでください。

三、二回ごど息を吹き込み、呼吸が再開されたり、咳こんだりすれば循環のサインです。循環のサインが出ても、呼吸が安定するまで一分間に15回ほどの速さで繰り返してください。

 

循環のサインがみられない場合は、心臓が停止している可能性があります。ただちに、心臓マッサージを加えた心配蘇生法にきりかえてください。

 

スポンサードリンク
事故、ケガ、急病の応急手当
事故を防ぐ住まいの工夫
寝室の工夫
階段の工夫
浴室の工夫
トイレの工夫

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。