呼吸と脈がないときの応急手当について掲載

介護のことなら介護.net
介護.net事故、けが、急病の応急手当>心配蘇生法

心配蘇生法について

呼吸と脈がない場合は心配蘇生法を救助者が行っておく必要があります。医師や救助者が来るまでの応急手当を行うことによって生存率は格段に上昇します。また、脳の障害を減らすことにもつながります。緊急時のために、心配蘇生法を身につけておくことをおすすめいたします。

スポンサードリンク
心配蘇生法

心配蘇生法を一人で行う場合

一、気道を確保し、人工呼吸を行います。(2回吹き込む)

二、心臓マッサージを行います。(15回)

三、人工呼吸と心臓マッサージのセットを繰り返します。

 

心配蘇生法を二人で行う場合

一、一人が人工呼吸の担当となり、二回息を吹き込みます。

二、もう一人が心臓マッサージの担当として、1分間に100回程度のスピードでリズミカルに繰り返します。

三、人工呼吸担当は心臓マッサージが15回行われたら、また二回息を吹き込みます。

 

医師や救助が来る前の行動によって生存率はたかまります。適切な行動ができるように、心配蘇生法をしっかりと覚えておくと緊急時に役立ちます。

スポンサードリンク
事故、ケガ、急病の応急手当
事故を防ぐ住まいの工夫
寝室の工夫
階段の工夫
浴室の工夫
トイレの工夫

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 終活 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2018 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。