介護する際の応急手当について掲載

介護のことなら介護.net
介護.net事故、けが、急病の応急手当>出血時の応急手当

出血の際の応急手当

大量の出血は生命に関わります。このページでは出血した場合の止血方法について掲載しています。大量に出血した場合は、救急車が到着するまでの間に応急手当を行う必要があります。また止血のさいの注意点についても掲載していますのでお読みください。

スポンサードリンク
止血方法

出血した場合

出血の量が多くなるとショック状態におちいり、死にいたる危険性があります。ショック状態は血液量の3分の1になるとおこります。また半分の血液が失われると死にいたります。そのため、一刻も早く止血してあげる必要があります。

 

動脈からの出血

黒く濁っていない赤い血が出ている場合は動脈からの出血です。噴出し、脈打つようにあふれる時はすぐに止血して医師の手当を受けてください。

 

静脈の出血

赤黒い血が出ている場合は静脈からの出血です。時間が経過しても出血し、出血量が多くなってくると危険です。止血して、受診しましょう。

 

内出血に注意

表面の出血は少ないのに、脈拍や呼吸が速くなると内出血の可能性が心配されます。手足の内出血は部分を圧迫して病院に行けばよいのですが、胸部な腹部の場合は圧迫して止血することが難しく放置するとショック状態に陥ります。一刻も早く医療機関に運ぶことを考えましょう。

 

止血時の注意

止血を長時間行うと、組織が壊死してしまいます。そうならないように、目安としては一時間に一回は止血している包帯などを緩めてください。包帯の場合は止血開始時間を記入しておくとわかりやすいと思います。

 

止血位置の確認

止血する際に、やみくもに血を止めても効果的ではありません。正しい止血位置を確認してください。

■下肢の出血
下肢の場合は太ももの付け根を止血してください。

■肘より先に出血
肘より先の出血の場合は二の腕の内側を押さえてください。

■上腕の出血の場合は、腕の付け根を押さえてやるとよいでしょう。

 

スポンサードリンク
事故、ケガ、急病の応急手当
事故を防ぐ住まいの工夫
寝室の工夫
階段の工夫
浴室の工夫
トイレの工夫

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 終活 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2018 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。