介護保険制度について掲載

介護のことなら介護.net
介護.net介護と福祉サービス>改正介護保険制度

改正介護保険制度

2006年4月から介護保険制度が改正され、新たに再スタートしました。介護保険制度や介護保険制度の変更点、介護保険の自己負担割合、介護保険の対象となる病気について掲載しています。

スポンサードリンク
改正介護保険制度

介護保険制度の改正内容

介護保険制度が改正されました。改正点の代表的なものとして、予防に力を入れている点です。要支援を分け、それに該当する人には介護保険ではなく、予防給付によって対応していく仕組みに変更されました。

 

介護保険の仕組み

介護保険は、介護が必要なお年寄りとその家族を支援していく仕組みで、日本では40才以上の国民すべてが加入する強制保険制度です。要介護であると認定された場合、少しの負担だけで介護サービスが受けれます。65歳以上の第一号被保険者の自己負担割合は1割負担です。残りの9割が介護保険から支給されます。

65歳以上の加入者は原因に関係なく要介護・要支援と判定されると介護保険が利用できます。しかし、40歳以上65歳未満の場合は第二号被保険者(医療保険加入者)として扱われ、政令によって定められた病気に限って介護保険制度を利用できます。

40歳から65歳未満の第二号被保険者に認められる疾病一覧

 

介護保険自己負担額の一部変更

在宅介護と施設を利用する人の給付と負担を公平にするために、施設給付が見直されました。施設に入所、ショートステイ、通所サービスの食事代や居住費が全額自己負担にかわりました。

スポンサードリンク
介護と福祉サービス

改正介護保険制度
第二号被保険者介護保険疾病一覧
介護保険給付申請
介護予防給付で利用できるサービス
介護保険で利用できるサービス
介護について相談
介護保険以外の助成制度
高齢者総合相談センター(シルバー110番)

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。