介護保険制度の申請について掲載

介護のことなら介護.net
介護.net介護と福祉サービス>介護保険給付申請

介護保険給付申請

このページは介護保険の給付申請手続きの方法を紹介しています。申請から給付サービス開始までの手順です。また、認定について不服がある場合の不服申し立て方法についても掲載していますのでご確認ください。

スポンサードリンク
介護保険給付申請について

介護保険の申請方法

お年寄りやその家族が、お年寄りの住民票のある市区町村の窓口に対し、介護保険申請書と被保険者証を提出する必要があります。

ご家族以外でも、地域の民生委員、介護相談員、地域包括支援センターまたは指定を受けた居宅介護支援事業者、介護保険施設に申請の代行をおこなってもらうこともできます。

 

訪問調査

申請が終わると、市区町村の職員が直接お年寄りに訪問調査に伺います。ご家族の方は普段の状態をメモしておくとよいでしょう。また、医師に相談し意見書を書いてもらう必要もあります。

 

要介護認定を通知

申請から30日以内に要介護度認定が決まり通知されてきます。訪問調査や医師の意見書を参考に決定されています。この段階で介護の必要がない「自立」と判断された場合は介護保険を利用できません。
※自立と判定された場合も市区町村に委託を受けた介護予防事業を利用することはできます。

 

介護給付開始

要支援・要介護の認定が行われた場合、どのような介護サービスを受けるか決定する必要があります。利用したサービス料金のうち、1割を介護サービス事業者に支払います。

 

不服申し立て方法

要介護度認定に不服がある場合は以下の手順を取る必要があります。

1、市区町村の窓口を通して説明を求めることができます。
2、その説明でも不満がある場合は都道府県の介護保険審査会へ不服申立審査請求を行うことができます。
※不服申立ては介護認定の通知を受けてから、60日以内に行わなければなりません。

スポンサードリンク
介護と福祉サービス

改正介護保険制度
第二号被保険者介護保険疾病一覧
介護保険給付申請
介護予防給付で利用できるサービス
介護保険で利用できるサービス
介護について相談
介護保険以外の助成制度
高齢者総合相談センター(シルバー110番)

 

介護.netジャンル

介護の基礎知識
寝たきりにさせない介護
日常生活での介護
家庭での看護
認知症介護
介護における症状と病気の特徴
リハビリと介護
事故、けが、急病の応急手当
終末期の看取り方
介護と福祉サービス
老人ホーム情報
老人介護用品の紹介

 

 

HOME(トップページ) 介護の基礎知識 寝たきりにさせない介護 リハビリと介護 介護と福祉サービス

認知症介護 事故けが急病の応急手当 終末期の看取り方 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 介護.net All rights reserved.

介護.net内の全てのコンテンツの無断転載・複製を禁止します。介護.netを介護を行う方の為に老人介護や認知症に関する症状や注意点、手当ての方法などを解説しています。介護情報等の正確性には細心の注意を払っておりますが、その情報の完全性は保証いたしません。